2017年7月2日(日) 上沢復活勝利!打線も援護し久々のカード勝ち越し @ZOZOマリン

2017年公式戦

2017年7月2日(日) 上沢復活勝利!打線も援護し久々のカード勝ち越し @ZOZOマリン

上沢726日ぶりの勝利で快勝!大田も10号で初の二桁HR

上沢投手の復活、大田選手の10号、松本剛選手の3号、レアード選手の久々となる17号で久しぶりに気持ちのいい試合となりました。

やはり先発が流れを渡さずに長いイニングを投げる事が大切。この日の上沢投手は6回まででしたが、球数も少なかったのでぜひ次回登板では7,8回とイニングを伸ばして欲しいですね。

活躍にはこれからも注目です。

試合戦評

 ○日本ハム8-3ロッテ●(ゾゾマリン・2日)

 日本ハムが快勝した。上沢は直球とフォークを軸に6回1失点で2年ぶりの白星。打線は六回に大田、松本の連続本塁打で2点を先行し、八回にレアードの2ランなどで突き放した。ロッテは五回の石川の危険球退場が響き、反撃も遅かった。

 日本ハム・大田 (先制の10号ソロで自身初の2桁本塁打到達)もっと打てるようにしたい、自分の持ち味をもっと出していきたい。

 ★ロッテの石川が危険球退場

 ロッテの石川歩投手(29)が2日の日本ハム戦(ゾゾマリン)で危険球による退場処分を受けた。五回1死一、二塁で石井一の頭部に投球を当てた。パ・リーグの投手では今季7人目、両リーグで8人目。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

2017年7月2日 ファイターズVSマリーンズ ダイジェスト動画

地元での活躍

2015年7月7日以来となる約2年ぶりの白星を飾った上沢投手は地元の千葉で躍動しました。6回1失点のクオリティ・スタート(6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内)。上沢投手は高校野球で培った経験をアドバンテージに球場を支配してみせました。

試合のターニングポイントは5回の守りにありました。4回まで無安打で抑えられていた打線は5回先頭・中田選手がチーム初安打を記録すると、安打と死球で1死満塁のチャンスを作りました。しかし、後続が連続三振を喫し先制の好機を逸しました。試合の流れからすると、チャンスを逃した後はピンチを迎えるのが当然のことでした。この最大のピンチを救ったのが上沢投手。見事、マリーンズ打線を三者凡退に抑え、自分の力で「勝利」を手繰り寄せました。

守りから流れを作った6回の攻撃。大田選手が今季10号となるソロ本塁打を放つと、松本選手が二者連続となる左越えソロ本塁打で2点を奪いました。この流れに乗った打線は8回にレアード選手の2ランなどで5点を加点し、試合を決定付けさせました。ファイターズが目指す守りの野球を体現した理想的な試合運び。盤石のリリーフ陣の一人である宮西投手も7回を三者凡退に抑え、自身250ホールドに王手をかけました。

5連敗と重い空気のなか臨んだマリーンズ戦ではありましたが、2勝1敗と勝ち越した敵地での試合は成績以上に価値のあるモノになったはずです。本来の勝ち方を体感することで勝つイメージが植え付けられ、チームの自信にもつながったはずです。シーズンを折り返し、蓄積された疲労も徐々に現れるかもしれませんが、全員が満身創痍で戦っていくしかありません。

出典 http://www.fighters.co.jp

ヒーローインタビューは上沢投手

先発投手コメント

上沢投手
<6回 84球 打者23 安打4 三振4 四球0 死球1 失点・自責1>

「直球が良かったですし、四球を与えずに試合を作れたことも良かったです。ただ援護してもらった直後の6回は、自分の中で大事だと思っていたんですけれど、やはり意識をしているんですかね。ああいうところで、しっかり抑えないといけない、とあらためて思いました」

出典 http://www.fighters.co.jp

先発の上沢投手

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.上沢投手が6回1失点の好投で2年ぶり勝利
「本当に良かったよね。これから先につながっていくと思う」

Q.6回に大田選手、松本選手が2者連続本塁打
「素晴らしかった。2人とも疲れも感じながらだと思うが、よくやってくれている」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山監督

出典 http://www.fighters.co.jp

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法