2017年7月10日(月) 大敗でもあきらめない!西川遥輝がスーパープレーで魅せる @京セラドーム

2017年公式戦

2017年7月10日(月) 大敗でもあきらめない!西川遥輝がスーパープレーで魅せる @京セラドーム

今年のファイターズを象徴するような大敗も、西川が攻守で活躍

初回、ノーアウト1,2塁のチャンスを逸し、バファローズに傾いた流れを引き戻す事ができませんでした。

終わってみれば11失点、完封負けと大敗を喫しました。

そんな試合の中でも西川選手は2安打、そして7回には果敢にダイビングキャッチを試み、ファインプレーで意地を見せます。

7回裏、西川選手の超ファインプレー

次戦先発予定は斎藤佑樹投手。斉藤投手の時は中田選手が結果を出しています。
悩める主砲にきっかけを掴んでもらいたいところです。

試合戦評

オリックスは初回、吉田正の2ランとロメロのソロで幸先良く先制する。3回裏にはマレーロの適時打で2点を追加するなど、終わってみれば11安打11得点を挙げた。投げては、先発・山崎福がプロ初完封で今季2勝目。敗れた日本ハムは、先発・浦野が試合をつくれなかった。

出典 http://baseball.yahoo.co.jp

2017年7月10日 ファイターズVSバファローズ ダイジェスト動画

序盤の攻防

プレーボールの声がかかって20分ほどで、試合の流れは大きく決まってしまいました。まずは西川選手が中前打を放ち、13試合ぶりに初回の先頭打者が出塁。続く松本選手が四球を選んで無死一、二塁となりました。ここまでは文句なしの展開。しかし、クリーンアップ3人がいいとこなく倒れ、まさかの無得点に終わりました。一方、先発・浦野投手は先頭打者に中前打を浴びると、1死二塁から連続本塁打を浴びて3失点。劣勢からのスタートを余儀なくされました。2回以降は失策も重なって突き放される一方。今季最大の11点差をつけられての零封という屈辱まで味わいました。

手に汗握る攻防は試合の終盤に訪れるとしても、序盤の攻防で試合の流れは決まります。交流戦が終わってリーグ戦が再開してからの16試合。3回までに挙げた得点は合計で10点だけ。投手陣をみれば、3回まですべて無失点に抑えたのは3試合(うち2試合は上沢投手が先発)です。先発が4回まで無失点に抑えた試合は現在17連勝中。先発が踏ん張れば打線はそれに応え、打線が先制すれば勝率は5割を超える(21勝18敗)。なかなか上昇気流に乗れない今季の戦いを象徴するような、戦いぶりとなってしまいました。

出典 http://www.fighters.co.jp

先発投手コメント

浦野投手
<2回2/3 49球 打者15 安打5〈本塁打2〉 三振2 四球3 失点・自責5>

「試合を壊してしまいましたね。初回のホームランも甘く入ってしまった。もう少し気をつけないといけませんでした。チームに迷惑をかけてしまい申し訳ないです」

出典 http://www.fighters.co.jp

先発の浦野投手

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.大敗を喫しました
「本当に申し訳ない。先に行ければもちろん違うんだけど試合にも流れがあるのでね。反撃する形を作らないといけなかった。ピッチャーが頑張って点を取って勝たないといけない。こっちの責任なので『すみません』としか言いようがない」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山監督

出典 http://www.fighters.co.jp

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸