2017年6月10日(土) 中田が決めた!連敗ストップ! @札幌ドーム

2017年公式戦

2017年6月10日(土)   中田が決めた!連敗ストップ!   @札幌ドーム

打順入れ替え的中! 中田選手のタイムリー2ベースで逆転勝利!

ファイターズは大田選手の第7号先頭打者HRで幸先よく1点を先制します。

大田選手の先頭打者HRで先制

先発メンドーサ投手は6回を2安打無失点に抑え、しっかりゲームを作ります。

しかし7回、ショート中島選手が痛い送球ミスで2点を失い、1-2逆転を許します。

8回裏、1アウト2.3塁の絶好のチャンスを迎え、バッターは中田選手。

左中間を破る2点タイムリー2ベースを放ち3-2。鮮やかに逆転します。

9回は増井投手が締めてゲームセット。連敗を6でストップしました。

なお大田選手は3安打猛打賞。古巣相手に成長した姿を披露する大活躍で、見事勝利に貢献しました。

2017年6月10日 ファイターズVSジャイアンツ ダイジェスト動画

節目となる試合で初めての試み

6連敗という暗いトンネルを抜け出したファイターズ。試合は初回、大田選手がプロ2本目となる先頭打者本塁打を放ちチームの士気を高めると、プロ初となる3番に座った中田選手が8回1死二、三塁のチャンスで逆転2点適時二塁打を放ちました。スタンドには感極まって涙を流すファンもいました。試合が終わると、大野選手が栗山監督に花束を渡すと、ヒーローインタビューを終えた中田選手は栗山監督のもとへ足を運び、400勝目のウイニングボールを渡しました。栗山監督400勝目となった節目の試合。中田選手の打順を変えるなど試行錯誤を繰り返す栗山監督の采配が功を奏しました。

豪快なスイングで放った打球はセンター方向に伸び続け、バックスクリーン横に着弾しました。昨年6月5日のファイターズ戦(東京ドーム)以来、自身2本目の先頭打者本塁打となりました。ダイヤモンドを一周した大田選手はホームベース上で雄叫びをあげました。昨日の試合でも2安打を放ち、連日マルチ安打を記録しました。今シーズン初となる猛打賞を記録した大田選手は低迷する打線を鼓舞しました。

もう一人立役者となった中田選手は逆転打を放ち、二塁ベース上でベンチに向かって拳を突き上げ、喜びをあらわにしました。勝利に直結する貢献ができてなかった悔しさや、打撃不振でチームに迷惑をかけていた気持ちなど、中田選手は精神的に追い込まれていたはずです。

主力、中田選手の復活がチームの浮上のきっかけになることは誰もが予想していたはずです。中田選手の打順変更も悩みに悩んだ結論だったことでしょう。選手の成長のカギはどこにあるのか。球団史上3人目となる通算400勝の偉業を成し遂げた栗山政権はチームと選手の成長を求め、進化し続けます。

出典 http://sp.fighters.co.jp

ヒーローインタビューは大田選手と中田選手

先発投手コメント

メンドーサ投手
<6回 80球 打者21 安打2 三振2 四球3 失点・自責0>

「ツーシームがよかったので、変化球も生きてきたし、自分のピッチングができたと思う。もう少し投げられればよかったけど、ゼロに抑えられたことはよかったよ。守備もよく守ってくれたし感謝したい。チームが逃げ切ることを信じて応援するよ」

出典 http://sp.fighters.co.jp

栗山語録

Q.監督通算400勝を祝福された
「全員、何をしようとしているのか分からなかった。本当に選手が頑張ってくれたおかげ。感謝しています」

Q.中田選手が決勝の逆転2点打
「感動しました。本当に良かったです。心の中から何か湧き出るような勝ち。そうじゃないとチームは前に進まないと思っていた。ここから前に進んでいきたいと思っている」

Q.打順1番で起用した大田選手が先頭打者本塁打
「タイシは、本当に苦労してきたんだなと思う。『野球の神様』が打たせてくれたんだと思いました。野球への取り組みとかいろいろなことを見ていて、彼を見ていると野球の神様が祝福してくれると思っていました」

Q.好救援の鍵谷投手が勝利投手に
「本当に状態がいい。苦しいチーム状況ですがプラスなこと」

Q.6連敗がストップ
「計算して勝つとか、そういう状況ではない」

出典 http://sp.fighters.co.jp

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録