2017年5月6日(土) 有原今季初勝利!5月攻勢5連勝! @京セラドーム大阪

2017年公式戦

2017年5月6日(土) 有原今季初勝利!5月攻勢5連勝! @京セラドーム大阪

栗山マジック的中! 近藤、中島が抜けるも代役の石井、矢野が大活躍!

試合はオリックスが初回先制しますが、3回表、近藤選手の代役でDHに起用された矢野選手がレフト前へ逆転の2点タイムリーヒットを放ち、リードを奪います。

3回表、矢野選手がレフト前へ逆転の2点タイムリー

3回裏に同点に追いつかれますが、5回表、中田選手がセンター前へ執念のタイムリーヒットを放ち、再び突き放します。

5回表、中田選手が勝ち越しのタイムリーヒット!

その後立ち直った有原投手が7回を7安打2失点の内容で投げ切り、見事戦初の役割を果たし、リリーフ陣に後を託します。

有原投手が7回を2失点に抑える力投!

8回表に市川捕手の2ベースの後、石井一成選手が右中間へタイムリー3ベースを放ち、欲しかった追加点を上げます。

8回表、石井一成選手のタイムリー3ベースで追加点

8回裏、石川直也投手がヒットを許すも併殺打で3人で抑え、9回裏は増井投手が圧巻の3者連続三振!有原投手の初勝利に花を添えました。

ファイターズはこれで5月負けなしの5連勝。明日勝って連続スイープを狙いたいところです。

2017年5月6日 ファイターズ対バッファローズダイジェスト動画

『切り札』流スタメン術

試合はまだ始まったばかりでした。しかし、逆転打を放ったのはファイターズが誇る『切り札』でした。1点を追う3回1死一、二塁で打席に立ったのは矢野選手。「3番・指名打者」で今シーズン初めてスタメンに名前を連ね、これが2打席目でした。インコースへの速球にしっかりと対応すると、鋭い打球は左翼線へ。一気に2人を本塁に迎え入れたのです。試合をひっくり返す一打は、いつもは試合終盤の一打席に賭ける男が、第1打席の反省を活かして叩き出した一本でした。

初回1死二塁の第1打席は、外角低めへの変化球(見逃せばボール)を空振りし、三振に倒れていました。しかし、相手投手の球筋から、次の狙いはインコースの速球に定めていたといいます。「外の変化球を強引にいったらダメだと。インコースにいいボールを投げてくる相手。(打つ)ポイントを前にして振りにいったんです」。追い込まれた後、三振に倒れた同じボールを確実に見極めたところで勝負はついていたのかもしれません。スタメン起用で複数回打席に立てることを見事に活かした形になりました。同点に追いつかれ、5回2死二塁で迎えた第3打席でも四球を選んで出塁。続く中田選手の決勝打につなげました。

快進撃の立役者となった近藤選手は「バットコントロール」と「選球眼」で3番に定着。その近藤選手が前日受けた死球の影響から欠場を強いられましたが、プロ15年目のベテランが「頭脳」で代役を果たしてみせました。泥沼の10連敗を脱出してから、8試合で7勝1敗。5連勝で借金返済街道を突き進むチームに不可欠な男が、その存在感をいかんなく発揮した一戦となりました。

出典 http://www.fighters.co.jp

ヒーローインタビューは今季初勝利の有原投手

先発投手コメント

有原投手
<7回 102球 打者29 安打7 三振4 四球1 失点・自責2>

「後半は修正して良くなってきてたんですけど、やっぱり初回と点を取ってもらった後に(点を)取られてしまったので、ああいうところを抑えられれば良かったです。守備にも良いプレーがありましたし、野手の皆さんに助けられながら投げさせてもらいました。試合が終わるまでしっかり応援します」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山英樹監督 @日刊スポーツ

「有原が勝たないと、どうにもならないという感じもあった。本当に良かった。タク(中島)とコンちゃん(近藤)がいないのは痛いけど、自分のポジションを取っていくというのは、こういうこと」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ