2017年5月17日(水) 則本から5点先制も、6-15で大敗。楽天打線の勢いを止めらず連敗 @盛岡

2017年公式戦

2017年5月17日(水) 則本から5点先制も、6-15で大敗。楽天打線の勢いを止めらず連敗 @盛岡

中田、大田のHRで幸先よく5点先制も、投手陣が大炎上。

試合前は則本投手、加藤投手の投手戦が予想されましたが、予想とは全く異なる展開でした。

初回はファイターズペースで始まります。
岡選手の気持ちが前面に出た3ベースヒットから近藤選手の四球を挟み、4番中田選手がレフトスタンドへ第4号3ランを放ちます。

中田選手が則本投手から先制3ラン!

さらに田中賢選手がヒットで出塁後、今度は大田選手が左中間へ第4号2ランHRを放ち5−0とし、試合を有利に進めます。

大田選手も4号2ランで初回から5点先制!

今季好投を続けていた加藤選手に期待がかかりますが、2回裏につかまり6失点。一気に逆転されてしまいます。

打線は3回以降立ち直った則本投手から得点を奪えず、7回までに12三振を奪われます。

継投した石川直投手、鍵谷投手が0点で抑えますが、石井裕投手とエスコバー投手がつかまり、6−15と2日連続の大敗を喫してしまいました。

2017年5月17日 ファイターズVSイーグルス ダイジェスト動画

現実を受け入れよ

「あっという間」という以外に、適切な表現がなかなか見当たらない逆転劇でした。今シーズンのファイターズ先発陣でもっとも安定していた加藤投手ですら、一度波に飲み込まれると簡単に抜け出すことはできませんでした。2回。先頭打者から安打、四球での出塁を許すと、1点を返されて2死一、二塁から5者連続ですべて単打の適時打を浴びました。初回中田選手の先制3ランと大田選手の2ランという速攻で挙げた5点のリードは跡形もなく消え、グラウンドに散ったナインがベンチに戻ったときには、1点を追う状況になっていたのです。

14試合11勝3敗の勢いで乗り込んだ東北遠征。しかし、今季いまだにトータル9敗で首位を快走し、直接対決でも1勝4敗と苦戦していたイーグルスに返り討ちにされる連敗となりました。この試合でも終盤にもビッグイニングを作られ、終わってみれば9点差をつけられる屈辱の大敗を喫しました。今季の直接対決7試合で2ケタ安打を浴びた6試合はすべて敗戦。一方、ファイターズの攻撃陣が2ケタ安打を記録したのは1試合だけです。ここまでは僅差での決着が多かったとはいえ、相手攻撃陣のリズムで試合が進んでいたといえるでしょう。

大逆転でのリーグ連覇は、上位チームを倒すことでしか近づきません。しかし、この2試合で痛感したのは、首位チームの勢いと底力でした。ファイターズは息を吹き返したように見えていただけかもしれません。まだまだ足りないものがある。前に進むためには、まず、その現実を受け入れるしかありません。そこから何かが見えてくればチャンスはある。どのチームにも引けを取らない底力が、ファイターズにはあるはずだから。

出典 http://www.fighters.co.jp

先発投手コメント

加藤投手
<1回2/3 44球 打者14 安打8 三振1 四球1 失点・自責点6>

「野手の皆さんが初回から点を取ってくれたんですけど。申し訳ない気持ちしかありません。しっかり反省します」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.加藤投手が序盤崩れました
「見てのとおり…」

出典 http://www.fighters.co.jp

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸