2017/04/20(木)9回意地の追い上げも届かず5連敗 @東京ドーム

2017年公式戦

2017/04/20(木)9回意地の追い上げも届かず5連敗 @東京ドーム

2017/04/20(木)第5回戦 0勝5敗0分 北海道日本ハム vs オリックス

1回裏、近藤選手のタイムリーで難敵金子千尋投手から先制も

2回裏にバント失敗とゲッツーから流れがオリックスへ。

3回表に武田選手と宮崎選手にソロHRを浴び、2-1と逆転を許します。

その後は両投手が好投し、6回まで締まった展開に。

7回、加藤投手が交代すると鍵谷投手が宮崎選手に今日2本目のHRを打たれ4-1、8回には公文投手もツーランや犠打で3失点、榎下選手も1失点され8-1とされます。

このまま敗戦濃厚というムードの中、9回裏にチャンピオンチームの意地を見せます。

西川選手がサードへの内野安打で出塁、近藤選手のタイムリー、レアード選手のツーランHRで3点をもぎ取り、球場はこれ以上ない盛り上がりを見せました。

【9回裏】ファイターズ・レアード 反撃の2ランホームラン!! 2017/4/20 F-Bs

結果は大敗の5連敗であることに変わりありませんが、最終回は今までの淡白さとは異なり、ファイターズらしい粘りが見えつつあります。

この試合が浮上のきっかけになる…そうなりそうな意味のある試合だったのではないでしようか。

明日の西武戦に期待です。

4/20 ファイターズ対バファローズ ダイジェスト動画

野球とは「流れ」である。

ベンチ裏で水分を補給していたある選手が、こうつぶやきました。「本当に『野球とは』というやつですね」。2本の本塁打で逆転を許した直後のこと。チームで唯一といっていい好調な近藤選手から2試合連続で先制打が生まれたとはいえ、それが2試合連続で殊勲打になることはありませんでした。早くも今季2度目となる5連敗。先制した試合でも4連敗と、もどかしい状況が続いています。

この5連敗中に大きく崩れた先発はいません。QS(クオリティー・スタート=6回以上を投げ、かつ自責点3以下)は3試合。それだけ歯車が噛み合っていないということでしょう。何よりも流れを持ち込むことができていない。むしろ、相手に渡すプレーが多く見受けられます。初回は先頭・西川選手が四球を選んで、近藤選手の先制打につなげました。しかし、2回は先頭打者の横尾選手が四球で出塁しながら、後続が送りバント失敗に続いて初球打ちで併殺。直後、先発・加藤選手が先頭打者に被弾し、1死から勝ち越し弾を浴びました。冒頭の言葉がすべてを物語っているような展開でし
た。

勢いのあるチームを相手に対し、勢いのないチームがスキを見せればこうなる。典型的な試合だったのではないでしょうか。流れは相手に留まり続け、終わってみれば4被弾。ファイターズ打線は9回に3点を返しましたが、勝ちにつなげることはできませんでした。栗山監督は言い続けます。「特効薬はない。勝ち負けの前に、野球をちゃんとやらないといけない」。今やらなければならないこととは何か。それがその試合だけではなくシーズンの流れを左右するのは間違いありません。

出典 http://sp.fighters.co.jp

先発投手コメント

先発の加藤投手

出典 http://sp.fighters.co.jp

加藤投手
<6回 98球 打者25 安打5 三振4 四死球3 失点・自責2>

「先制点を取ってもらった後で、ホームランという形で失点してしまって申し訳なかったです」

出典 http://sp.fighters.co.jp

【6回表】強気の内角勝負!! ファイターズ・加藤 見逃し三振でピンチを脱する!! 2017/4/20 F-Bs

栗山語録

栗山監督

出典 http://sp.fighters.co.jp

Q.先発加藤投手がソロ本塁打2本
「よく頑張ってはいたけれど、もったいなかった」

Q.石井一選手の犠打失敗が痛かった
「ミスはこっちの責任なので。きちっとしたことができていないのは、俺のせい」

Q.流れをつかめずにいる
「野球はすごくシンプル。負ける時は、そういう風になっている。ちゃんとしたことができていないと、より負ける可能性が高くなる。すべて俺の責任」

出典 http://sp.fighters.co.jp

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ