2017年4月30日(日)大田のタイムリーで追いつくも守備の乱れから痛い敗戦 @札幌ドーム

2017年公式戦

2017年4月30日(日)大田のタイムリーで追いつくも守備の乱れから痛い敗戦  @札幌ドーム

首位イーグルスに連勝したいファイターズ

先発はFメンドーサ、E岸

メンドーサは初回以外常に先頭バッターを出塁させ苦しいピッチング、併殺打で無失点に抑えますが4回、先制点を許します。

6回にマウンドを降りますが、悪いながらも要所を締め、1失点で抑えます。

6回までファイターズ打線はイーグルス岸から点を奪えませんが、7回大田選手のタイムリーで同点に追いつきます。

7回裏大田選手のタイムリーで同点に追いつく

ベンチリポート

大田選手(7回 同点の右前適時打 P・岸)「(球種は)カーブですね。追い込まれていたんですけれど、執念です。やっぱり、ああいう場面で1本を出していかないといけないですから。チームとしても粘って、何とか1本出していこうというカラーなので、貢献したかったです。そういう中で粘れて、食らいついていけました」

出典 http://sp.fighters.co.jp

同点で迎えた9回は増井投手が登板。ワンアウト2塁からセカンドゴロに打ち取りますが、大類選手が悪送球、1点を失います。

その裏の攻撃で昨日と同様のサヨナラが期待されましたが、得点を奪えず痛い惜敗を喫しました。

4月30日 ファイターズVSイーグルス ダイジェスト動画

粘りと執念

1点を追う7回に見せ場は訪れました。先頭・中田選手の四球と田中賢選手の右前打で1死一、三塁とすると、打席に入ったのは前日の試合で移籍初本塁打を放った大田選手。フルカウントから、見逃せばボールというカーブに食らいつきました。打球はふらふらと上がり、右翼手の前でワンバウンド。こぶしを握りしめながら一塁ベースに向かう横で中田選手が本塁を踏み、同点に追いつきました。

6回まで3安打と苦しめられていたイーグルス先発・岸投手から値千金の適時打。この一本をひと言で表すなら、大田選手自身の言葉を借りるしかありません。「執念です」。メンドーサ投手が右ひざに打球を受けながら1失点に抑え、しかも、7回までに5イニングで先頭打者を出しても最少失点にしのいできた投手陣の粘りに応える一打だったことは間違いありません。

序盤で失点を重ねてきた先発陣が調子を取り戻し、この3試合で先発は19イニング1/3を投げて3失点。ようやく形が整いつつあります。最終回に守備の乱れで決勝点を献上したことは悔やまれますが、僅差で終盤に持ち込めば、粘りを活かせるファイターズらしい戦いが増えることを期待できるはず。大型連敗で膨らんだ借金は簡単に返済できるものではありませんが、ようやく差し込み始めた光を頼りに前に進むしかありません。

出典 http://www.fighters.co.jp

先発投手コメント

メンドーサ投手
<5回2/3 101球 打者24 安打7 三振3 四球3 失点・自責点1>

「相性のわるい今江に対して甘く行きすぎた。もう少し慎重に行かないといけなかった。途中、打球も当たったけど、なんとか最少失点で抑えられたと思うよ。次回の登板に影響がないよう準備していくよ」

出典 http://www.fighters.co.jp

4月30日先発のメンドーサ投手

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.1点差での惜敗
「勝ち切れませんでした。すみません」

Q.メンドーサ投手が好投も6回途中降板
「本当はもう少し投げたかったと本人も思いますが、足に打球が当たったことと、球数のこともあったので」

Q.7回に大田選手が一時同点打を放った
「何とかくらいついた、意味がある打席でした」

Q.4月がこの試合で終了した
「少なくとも4月が終わるまでには、何とかファイターズらしく戦っていけるようにとは思っていましたが。開幕から、これまで経験したことが意味を持つように今後、やっていきたい」

Q.今シーズン目立つ失策が致命傷になった
「ミスが多い方が、勝ちづらくなる。しっかり、やっていきます」

出典 http://www.fighters.co.jp

4月30日栗山監督

出典 http://www.fighters.co.jp

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ