2017/04/11(火)高梨でも悪い流れは止められず…二試合連続完封負けで6連敗 @札幌ドーム

2017年公式戦

2017/04/11(火)高梨でも悪い流れは止められず…二試合連続完封負けで6連敗 @札幌ドーム
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

2017/04/11(火)第1回戦 北海道日本ハム vs 福岡ソフトバンク

本拠地札幌ドームに戻ってきたファイターズですが、悪い流れを断ち切れません。

ホークス先発の千賀投手から何度もチャンスを作りますが、あと一本決定打が出ない展開で2試合連続完封負けを喫しました。

高梨投手はホークス打線にも助けられ5回を3失点に抑えましたが、3回のボークによる失点や5四球を与えるなど、反省材料も多い試合展開。守りから流れを作る為にも不注意のエラーや無駄な四球は避けたいところです。

打撃陣では確かにあと一本という場面が目につきましたが、当たりが止まっていた中島選手が2安打を放ち、レアード選手にも待望の長打が生まれました。

また、レアード選手を始め内野陣の動きにも軽快さが戻ってきた印象です。岡選手と西川選手の守備連携にはまだ不安がありますが、今日の試合内容から、あと一本つながれば勢いがつく予感もあるだけに、明日の試合こそ連敗ストップを期待しましょう。

4/11 ファイターズ対ホークス ダイジェスト動画

連敗の中に見る希望の光

トンネルの出口を、懸命に探しています。ファイターズは6連敗を喫しました。開幕直後で10試合を経過し、残り133試合ありますが、借金とも表現される負け越しは6です。さすがに空気は良いとはいえません。平日のナイターにも関わらず、約3万人の来場者の方々でスタンドは埋め尽くされました。チャンスでの熱いエール、そして好機を逃した時のため息。大きな期待を背負ってスタートしているシーズンであることを、あらためて自覚する一戦になりました。温かい思いに応えられない選手たちが一番、痛切に黒星をかみ締めていることは間違いありません。

献上した先制点が決勝点になりました。珍しい高梨投手のボークだったことが象徴するように、悪い流れを断ち切れずにいます。湿りがちな打線が2試合連続の無得点で、直近3戦で1得点。開幕から10試合で、先制点を奪えたのは2試合のみ。この試合でも序盤の先制のチャンスを逃したことが響き、厳しい展開へと向かっていった気がします。それでも三塁側ベンチから1プレー、1球ごとに沸く、活気ある声が希望の光と見ています。主力と期待されていた選手が続々と故障、アクシデントなどで一時離脱はしていますが、若いチームです。かみ合い始めた時に、この状況でも失っていないハツラツさが逆襲への推進力になるのではないかと想像しています。

試合前には、ほのぼのした1シーンがありました。ベテランのバットマン、矢野選手です。今シーズン応援大使を務めるのが、安平町。雪だるまで町おこしをしています。プレゼントされていたのが、雪だるま型のユニークなサングラス。キャンプ期間中に、栗山監督も着用して周囲を爆笑させた逸品です。矢野選手は練習中にクラブハウスへと姿を消しました。「ちょっと、いってきます」。自身のロッカーから、雪だるま型のサングラスを手にしてグラウンドへと戻ってきました。装着して、栗山監督と絡み合いました。笑いを誘い、なごませたのです。苦悩しているであろう指揮官を、癒したのです。

まだまだ、選手たちは元気です。活力も、周りを思いやることができる心の余裕もあります。春本番は遠いですが、きっとファンの皆さんの願いに応えられる戦いができる日が来ると信じています。

出典 http://www.fighters.co.jp

雪だるまサングラスでチームを鼓舞

雪だるまサングラスでチームを鼓舞

出典 http://www.fighters.co.jp

ヒットを放つ田中賢選手

ヒットを放つ田中賢選手

出典 http://www.fighters.co.jp

先発投手コメント

高梨投手
<5回 112球 打者23 安打4 三振5 四死球5 失点・自責3>

「無駄な四球が多く、ボール先行になってしまいました。不利なカウントで打者と勝負するケースが多くなってしまいました。先取点も与えてはいけなかった。ボークで失点するまでの前の過程で何とかしなくてはいけなかったです。(制球の乱れは)感覚の部分なので、次回へ向けて修正していきたい。ボークは踏み出した左足(のかかと)が地面に引っ掛かってしまいました。マウンドは降りましたが、全力で応援します」

出典 http://www.fighters.co.jp

先発の高梨投手

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.高梨投手は5回3失点の内容でした
「よく粘ってくれた。よく考えて投げてたよね。点を取ってあげられなかった」

Q.チームは6連敗と苦しい状況に陥っています
「いるメンバーでやるしかない。試合を取れるようにやります。大きな流れを作らないといけない。一球一球必死に、強い気持ちでやっていきます」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山監督

出典 http://www.fighters.co.jp

1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!