2017/03/19(日)オープン戦第14戦目 大谷3号、西川、岡にも一発が飛び出すも… @マツダスタジアム

2017年オープン戦

2017/03/19(日)オープン戦第14戦目 大谷3号、西川、岡にも一発が飛び出すも… @マツダスタジアム

2017/03/19(日)広島 vs 北海道日本ハム

大谷が2試合連続HR、西川と岡に待望の一発も

先発は今季からNPB復帰の村田透選手。5回を5安打、四球1、3失点という内容。4回は松山選手にツーランを浴びましたが、要所でテンポの良いピッチングも見られ、今後も期待できそうです。

リリーフはピリッとせず、全員がHRを打たれてしまいました。特にランナーを出した後の一発はリリーフにとって致命傷になりますので、バッテリーで改善が必要ですね。

打撃陣では目を見張ったのはやはり大谷選手ですね。レベルアップが尋常ではありません。最終回のツーベースで少し足を気にしたかな?と思われましたが、大丈夫なようでした。とにかく無理をしないように開幕を迎えて欲しいです。

西川選手と岡選手も徐々に調子が上がってきたようです。中島卓也選手の3三振が気になるところですが、最終打席にヒットも出ましたので、ホームランだけでなく打線が繋がるようになれば開幕へ向け万全ですね!

出塁+一発=西川らしさ

打率だけみれば物足りないかもしれません。オープン戦44打数9安打で打率.205。しかし、役割的にもっとも重視されるのは塁に出ることです。55打席に立って出塁は21度もあり、出塁率は.375。しかも、出場したオープン戦で一度も出塁できなかった試合がありません。栗山監督が「この打順を変えるつもりはない」と言い切るのが『1番=西川選手』です。

昨シーズンの日本シリーズで放ったサヨナラ満塁弾は記憶に新しいところ。選球眼の良さを活かした高い出塁率だけではなく、大きな当たりで試合を決める力があることも証明してみせました。この日の試合では、まず初回に左前打で出塁してチャンスメークすると、5回の第3打席では中越えにオープン戦1号アーチ。勝利に直結することはなかったとはいえ、多彩な攻撃につながる“起点”としての楽しみが膨らむ打席になったのは間違いありません。

大谷選手は2試合連続アーチを含むマルチ安打を記録。ラインナップにいなければならない主役たちが、しっかりと開幕へ向けての準備を進めています。オープン戦は残り5試合。どんな状態で開幕を迎えるか。ここからが勝負になります。

出典 http://www.fighters.co.jp

先発投手コメント

村田投手
<5回 75球 打者21 安打5〈本塁打1〉 三振2 四球1 失点・自責3>

「調子が良くない中で、なんとかまとめられたかなという感じです。ただ、ホームランはもう少し大事に行かないと駄目。引っ掛けて真ん中に入ってしまったので、あれでは勝負にならないです。失点はありましたけど、自分らしいピッチングはできたと思います。バッターの反応も分かったし、良い勉強になりました」

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.村田投手は5回3失点
「先発はできるな、という感じ。ただ、ウチの生命線は中継ぎ。今日はいろいろなことがあった。しっかりやっていく」

Q.岡選手がホームラン
「ずっと待ってた。だいぶ良くなってきた。西川もそうだけど、体が万全なら時間がかかっても必ず上がってくる」

出典 http://www.fighters.co.jp

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!