大谷4月中にも中継ぎで投手復帰⁈

選手

大谷4月中にも中継ぎで投手復帰⁈

 日本ハム大谷翔平投手(22)が、開幕早々にも中継ぎで投手復帰する可能性が出てきた。

 栗山英樹監督(55)が27日、札幌市内の書店で初の自叙伝「栗山魂」の刊行記念トーク&握手会に登場。「開幕に対して、いろんなイメージをする。大谷翔平の使い方だったり」と話し、右足首痛の影響で調整が遅れている投手大谷について「最初からムチは打つ。いけるんだったら、いく」と、4月中にも、1軍の中継ぎで復帰を考えていることを明かした。

 当初の見通しでは、交流戦明けと見込まれていた。ブルペンでは本格的な投球再開には至っていないものの、指揮官は「(投手として)2カ月前から準備しているんだから。翔平の状態は分かっている」と、順調に進んでいる手応えを口にした。1軍で中継ぎ調整が出来れば、いったん離脱して投手調整するよりも、野手での戦力ダウンを防止出来るメリットもある。

 今季は開幕ローテーションには村田やエスコバー、中継ぎには公文や石川直ら未知数の新戦力が開幕1軍に加わることが濃厚。栗山監督は「こっちはシーズンを勝つためにメンバーを組んでいる。先発、中継ぎは見極めていかないと」。計算できる投手大谷の足取りが、連覇へのカギになる。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

 今季は守護神&強打の二刀流!?日本ハム・栗山英樹監督(55)が27日、仰天プランをブチ上げた。札幌市内の書店で、著書「栗山魂」の発売記念トークショー&握手会を終えた後、右足首痛の影響でオープン戦では野手出場だけだった大谷翔平投手(22)の起用法に言及し、今季はクローザー転向を視野に入れていることを明かした。

 「行くよ。行けるだけ行く。開幕からじゃないけど。先発で使うとは言っていない。中継ぎで行かせるとか、後ろで行くとかね」。

 オープン戦は9試合に出場し、打率・296、4本塁打。相変わらずの猛打で申し分ない成績を残したが、投球練習は3月半ばから再開したばかりで先発登板へのメドは立っていない。4月いっぱいは野手専念と思われていたが、指揮官は中継ぎか守護神というウルトラCプランを用意していた。

 抑えの経験は一度だけある。ソフトバンクと戦った昨年のCSファイナルS第5戦で「3番・指名打者」として出場したが、九回に守護神として登板。日本記録を更新する165キロをマークした圧巻の投球は記憶に新しい。短いイニングを任されるクローザーに専念すれば、166キロはもちろん、夢の170キロも大谷なら不可能な数字とは言い切れない。

 「想定から外れたことが起こらないくらい、今のうちから想定している。例えば(オープン戦9番の中島)卓を4番に据えた時の打線の流れだってイメージしてある。皆が思ってないようなこともいろいろ考えているよ」。今季も栗山マジックから目が離せない。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

この報道を見る限り、一軍に帯同したまま、チーム打力を落とさずに徐々にピッチャーとして投球回数を増やしていくというストーリーでしょうか?

クローザーはキッチリ固定した方がチームとしてよいと思いますが、栗山監督のニュアンスとしては、いろいろな選択肢の中からベストを探すということだと推測されます。

昨年の日本シリーズ後も、「同じ事をやっては連覇はできない、一度チームを壊す」と話しておりました。今年のファイターズはどんなチームになるのか、ますます目が離せません。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ