日本ハムファイターズ 名護キャンプリポート8日目

2017年キャンプ

日本ハムファイターズ 名護キャンプリポート8日目

2月21日(火)名護キャンプレポート

若き求道者の素顔

【天候/晴れ 気温/20℃ 観衆/2000人】

広報に転身して1年目のキャンプが終盤に近づいてきました。前職でも関わりがあったファイターズの選手たちですが、立場が変わると意外な素顔が見えてきます。新鮮だった1人が、西川遥輝選手です。アリゾナ州ピオリアのキャンプでも球場入りが早く、チームの中でも3本指に入ります。もちろん、その日の練習を含めた準備などトレーニングに充てるための時間を作るためだということは、説明の必要はないでしょう。ウエートトレーニング場で黙々と、たった1人でメニューを消化する姿をよく見かけました。

2次キャンプ地の名護に到着してからも、真摯な姿勢は不変でした。早朝に球場入りして、自らが課したルーティンをこなしています。全体メニュー終了後も、特打やトレーニングなどと向き合っています。球場を後にする時間は、いつも日が暮れてから。実績のある主力の中では、キャンプ施設内で過ごす時間はNo.1だと思います。ロッカー室内の自分に与えられたスペースもきれいに整理整頓されており、野球に対しても同様の誠実な人柄を感じてしまいます。

今日の楽天との練習試合では、先頭打者本塁打を含む2打席連続本塁打。「(本塁打を)意識はしていないですし、タマタマです。ここまでずっと打てていなかったので」と、涼しく振り返っていました。対する楽天の同じ1番打者だった2年目の茂木選手が「また打ったんですか」と目を丸くするほどの順調な仕上がりで開幕へ向けてペースアップしました。昨年は日本シリーズ第5戦での劇的なサヨナラ満塁本塁打など、覚醒の1年になったと思います。それに甘んじることなく、近寄りがたいオーラを放ってストイックに野球と対峙する西川選手に、さらなる躍進を確信しています。

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.きょうは荒れた試合に
「いままでとは違って反省すべきところがある。でも、公式戦に向けて、やってくことがあることが分かった。それは良かったのかな」

Q.斎藤投手は厳しい内容
「それですごく良かったんじゃないかな。ボールは良くなっているし、ここからは投げ方を考えないといけない。ボールがいいことと結果がいいことは違う。そういうことが分かったのは良かったと思う」

Q.西川選手が2本塁打
「打つ前の見逃し方がすごくいい。あの状態を作れれば、いくらでも打てる」

Q.残り1クールとなりました
「(課題を)つぶせるものはつぶしてくれとコーチにお願いした。しっかりとやっていく」

出典 http://www.fighters.co.jp

西川選手も調子が上がってきましたね!
昨年の日本シリーズでの活躍から、今年も期待大です。
ぜひ首位打者、最高出塁率のタイトル狙って下さい!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう