日本ハムファイターズ アリゾナキャンプリポート6日目

選手

日本ハムファイターズ アリゾナキャンプリポート6日目

アリゾナキャンプリポート6日目

ニューカマー

【天候/曇り 気温/18度 観衆/100人】
大きな期待を集める新戦力が、調整ギアを上げました。アリゾナ州ピオリアでのキャンプ第2クール初日、新外国人のエドウィン・エスコバー投手が初めてブルペン入りしました。その姿をチェックしようと栗山監督を筆頭に、球団関係者を含む多くのギャラリーが集結してのお披露目。威風堂々と直球のみ49球を、じっくりと動作などを確かめるように投げ込みました。メジャー通産27試合の登板経験を持つだけに、風格は十分でした。「今のところすごく順調。ストレートだけだったけれど、状態は良かった」と、手応えを感じる試運転となったようです。
陽気な中南米ベネズエラ出身の「ラティーノ」らしく、早くもチームの中で存在感を発揮しつつあります。4日のNBAのバスケットボール観戦後の宿舎までのバス移動の道中。コンビを組む可能性がある石川亮、清水の捕手陣は興味津々で、いろいろな質問を投げ掛けていましたがジョークを交えながら、軽快に受け答えをしていました。クラブハウス内では、近い位置に陣取る同世代の有原、大谷の両投手とも日本語やスペイン語も交えながらコミュニケーションを取っているそうです。少しこわもてですが、そこは西川選手らと同い年の24歳。イタズラ好きで、新しい仲間たちとよく絡んでいるそうです。一例ですが、白村投手には「お前は、頭のおかしいヤギみたいな顔をしているな」などと強烈なジャブをかますなどして、じゃれ合っています。早くも新天地になじみ、新しいチームメートがお気に入りのようです。
「みんな、いいヤツばかり。日本語とスペイン語を教えあったりしているよ」
ニックネームは「エスキー」で、選手たちに浸透しつつあります。サポートしている水原通訳によれば「明るくて、練習に対してもマジメです」とのこと。日本球界に適応してくれそうな一面を、すでにのぞかせています。内野手で大リーガーだった父のホセ・エスコバーを含め、、現役ではメジャーを代表する遊撃手のロイヤルズのアルシデス・エスコバーも親戚と、エリート家系出身のサウスポー。チーム内でアピールしているキャラクターも魅力あふれるだけに、ブレークするのが今から楽しみです。

出典 http://www.fighters.co.jp

栗山語録

Q.第2クールスタート
「いろいろなことができた」
Q.新外国人・エスコバー投手が初ブルペン
「まだ出来上がっていない中でもコースへの意識があった。状態が上がってきたときにボールが強くなるか」
Q.練習だけの日は明日が最後
「あさってには試合が始まる。その準備をしていかないといけない」
Q.国頭からの報告は
「ありますよ。大きな問題はない。大丈夫です」

出典 http://www.fighters.co.jp

谷口選手
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ